プロテインダイエット

プロテインは食事代わりにしてもいい?ダイエットに効果的なプロテインの活用方法

プロテインは食事代わりにしてもいい?ダイエットに効果的なプロテインの活用方法

「プロテインダイエット」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

1日のうち1~2食、普段の食事の代わりにプロテインを飲むというダイエット方法です。

「でも、そんな食生活をしていたら、体を壊すんじゃない?」と思った方もいるでしょう。

確かにプロテインは、粉末を水や牛乳に溶かすだけの簡単な栄養補助食品。そんなプロテインを食事の代わりにすることには、何の問題もないのでしょうか。

この記事ではプロテインを飲む時に気になる「プロテインを食事代わりに摂ってもよいのか」という疑問に、しっかりとお答えしています!

最後まで読めば、プロテインを食事代わりに摂ることのメリット・デメリットだけでなく、プロテインをどう摂取すればダイエットに効果的なのか、さらにおすすめのプロテインまで、すべて分かりますよ!

ぜひこの記事を、あなたのダイエットに役立ててくださいね。

「プロテイン」と「食事」のメリット・デメリットは?

「プロテイン」と「食事」のメリット・デメリットは?

プロテインの主成分はタンパク質

これは、普段の食事でも摂ることができます。

こう聞くと、「なら、食事でタンパク質を摂っても、プロテインを飲んでも、同じことじゃない?」と思われるかもしれません。

ですが、「栄養を摂る」という部分は同じでも、プロテインと食事には、違う部分もたくさんあるのです。

プロテインと食事、それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

プロテインのメリットとデメリット

プロテインのメリットは、

  • 不足しがちなタンパク質を補給できる
  • 好きな時に手軽に摂取できる
  • 低カロリー、低脂肪
  • 食事からは摂取しにくい栄養素が含まれていたり、食事で摂るより吸収されやすくなっていたりするものもある

といった点です。

タンパク質の必要摂取量は、特に運動などをしていない女性であれば、体重1kgに対して1gが目安。

ですが、現代の女性は、忙しい生活やダイエットなどでタンパク質が不足していることが多いと言われていますので、それをプロテインで補うことができるのは、大きなメリットになります。

プロテインは、粉末を飲み物と混ぜて飲むだけですので、好きな時に手軽に摂取できて、なおかつ高タンパク、低カロリーで低脂肪。

また、プロテインにはタンパク質のほか、食事では摂取しにくいビタミンやミネラルなどの栄養素が、体に吸収されやすい形に加工されて含まれていることがあります。

ダイエット中でカロリーを抑えたいときや、時間がなくて食事が摂れないときでも、プロテインなら必要な栄養素を簡単に摂ることができるのです。

反対にプロテインのデメリットは、

  • 過剰に摂取すると体調を崩したり太ったりする可能性がある
  • 食事に比べて空腹感を感じやすい

といった点が挙げられます。

適切な量のタンパク質を摂取するのは、健康維持のためにとても大切なこと。

ですが、内臓が弱っている人がタンパク質を摂取しすぎると、腎臓や肝臓の働きが弱くなってしまう可能性があります。

また、いくらプロテインが低カロリーだからといって、むやみに飲んでしまうとカロリーオーバーになることも。

プロテインを飲むときは、カロリーや必要なタンパク質量などをきちんと計算した上で、摂りすぎにならないように注意しながら摂取するのが良いでしょう。

食事のメリットとデメリット

次に、食事をするメリットとデメリットを見てみましょう。

食事のメリットは

  • 噛むことに健康促進効果やダイエット効果が期待できる
  • 唾液が出ることで、消化がスムーズになる、免疫力が向上するなどの効果がある
  • 栄養素を摂りすぎる心配がそれほどない
  • 料理の方法によっては栄養効果や吸収が高まることがある
  • 満腹感、満足感がある

といった点です。

よく噛むことや唾液を出すことは、脳の活性化や、運動能力向上、免疫力の向上、基礎代謝の向上などにつながります。

また、プロテインなどのサプリメント類は、数種類を併用すると、摂りすぎてはいけないビタミンやミネラルを過剰に摂取してしまうことがあります。

食事なら、しっかり食べても栄養素の過剰摂取はそれほど心配しなくて良いので、安心して栄養補給ができるというのも良い点でしょう。

何より、食事には満足感や満腹感があり、人によってはストレス解消になることも。ダイエット中には、こういったメンタル面でのメリットも大きいですね。

食事のデメリットは、

  • 摂取に時間がかかる
  • 不必要な栄養素を摂取してしまうことがある
  • 栄養バランスが偏ってしまう可能性がある
  • 料理の方法によっては栄養効果がなくなってしまうことがある

などが挙げられます。

例えば、牛肉を100g食べたとしましょう。

この時、タンパク質は20g摂ることができますが、同時に脂質も10g程度摂ってしまうことになります。

カロリーをなるべく控えたいダイエット中は、気になる数値ですよね。

また、外食が多い現代は、気をつけていても、食事中の炭水化物や脂質の割合が多くなってしまうもの。

栄養バランスの整った食事をするのが難しく、必要な栄養素を摂れない場合もあるという点も、デメリットになってしまいます。

「プロテイン」は「食事」の代わりになるの?

腸内環境を悪化させないための乳酸菌配合プロテイン

では、高タンパクで低カロリー・低脂肪、ビタミンやミネラルなどが配合されていることもあるプロテインは、食事の代わりになるのでしょうか。

結論から言うと、プロテインは、食事の代わりにはなりません

プロテインが栄養成分にすぐれているからといって、それだけしか摂取しないような偏った食生活をしていては、栄養失調などで体調を崩してしまう危険性があるからです。

とはいえ、さまざまな生活スタイルのある現代は、外食やテイクアウトで食事を済ませなければならない場合も多く、バランスの良い食生活を毎日続けることはとても難しくなっています。

そこで、理想の食生活に近づけるためのポイントは「食事に足りない部分をプロテインで補う」ということ!

いつもの食事にプロテインを取り入れることで、ダイエットやボディメイクに適した栄養バランスになるよう、コントロールしてみましょう。

ダイエット中に最適な「食事」と「プロテイン」の活用法は?

それでは、ダイエットをするにあたって重要な「食事をするときのポイント」と、「プロテインの取り入れ方」をご紹介します。

ダイエット中はここに注意!食事のポイント

ダイエット中の食事で基本となるのは、摂取カロリーのコントロール

摂取カロリーが消費カロリーを上回っていると、体重はどんどん増えていきますので、まずはカロリーを摂りすぎないようにしましょう。

そのためには、野菜やキノコ類→肉や魚→ご飯・パンの順で、よく噛んでゆっくり食べ、満腹になったら食事をやめること。

厳しい食事制限をしなくても、これだけである程度の体脂肪を落とすことが可能です!

ダイエット中に脂質や炭水化物を制限しすぎるのは、髪や肌がパサつく、代謝が落ちるなどの原因になってしまう可能性も。

カロリーの摂りすぎに気をつけながら、バランス良くしっかりと食べるようにしましょう。

そのほか、

  • 午後10時以降や、寝る3時間前以降の食事はできる限り避ける
  • 間食は午後3時ごろ、1日100kcal程度までにする
  • 飲み会のおつまみや間食は、高タンパクで低脂肪のものを選ぶ

などの点にも気をつければ、さらにスピーディに結果が出せますよ!

ダイエットを強力サポート!プロテイン活用法

「食事には気をつけているけど、なかなか痩せられない…」

そんなとき、ダイエットの効果をより高めてくれるのがプロテインです。

ダイエット中のプロテインの摂り方には、おすすめの方法が3つあります。

この中から自分に合ったものを選んで、試してみてくださいね。

朝食時に摂取する

朝起きた時、体の中の栄養素は空っぽの状態。ですので、ダイエット中でも朝食はしっかり摂らなくてはいけません。

とはいえ、忙しい朝の時間帯に、きちんと栄養バランスの整った食事をするのは、なかなか難しいものですよね。

そこで、普段、朝食を簡単に済ませている人におすすめなのが、朝食の代わりに、もしくは朝食にプロテインをプラスして摂取する方法。

この時のポイントは、タンパク質だけでなく、ビタミンやミネラルもしっかり配合された、栄養バランスの良いプロテインを選ぶことです。

食事だけでは不足しがちな栄養素を、プロテインで手軽に補うことができます。

運動後30分以内に摂取する

運動後30分以内は「ゴールデンタイム」と呼ばれ、筋肉が栄養を吸収しやすい時間帯とされています。

この時間帯にタンパク質を補給することで、基礎代謝を上げて、痩せやすく太りにくい体を作ることができるのです。

ですが、トレーニング後に毎回食事を摂るのは、時間や場所の面で難しいこともありますよね。

そんなときにも、プロテインが役に立ちます。

食事を摂りにくい時間や場所でも、プロテインなら手軽に飲むことができますので、運動後でも摂取しやすく、トレーニングの効果をしっかり高めてくれるというわけなんですね。

就寝前に摂取する

就寝前にプロテインを摂取する方法もおすすめです。

私たちが寝ている間、体の中では、昼間に働いて傷ついた筋肉の修復を行っています。

いったん傷ついてから回復することで、それまでより強くなるのが筋肉の特徴。

つまり、プロテインを就寝前に飲んで、筋肉の元であるタンパク質を補給することで、筋肉が強くなり、代謝が上がって痩せやすい体になるという、良い流れが生まれるのです。

タンパク質の補給と言っても、就寝前に食事を摂ることは、胃腸に負担をかけることになり、太る原因にもなってしまいます。

プロテインは、高タンパクで低カロリー。

食事に比べてカロリーオーバーになりにくく、また、就寝の1時間前に飲むようにすれば、胃腸の負担も減らせます。

ダイエット中におすすめのプロテインは?

ここまで、ダイエットに上手にプロテインを取り入れる方法をお話してきました。

ですが、実際にプロテインを購入するとなると「どんなプロテインを選んだらいいのか分からない…」と、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、ダイエット中に必要な栄養サポートをしてくれるプロテイン「ラクシブ プロテインビューティー」をご紹介します!

ラクシブプロテインビューティー

ラクシブプロテインビューティーは、タンパク質だけでなく、さまざまな栄養素を配合した、ダイエット中の女性にぴったりなプロテイン。

以下に、ラクシブのおすすめポイントをまとめましたので、気になったら試してみてくださいね。

おすすめポイント①ダイエットに効果的な引き締め成分配合

ラクシブプロテインビューティー」の主成分は、大豆が原料の「ソイプロテイン」です。

ソイプロテインは、体の引き締めと脂肪の燃焼効果が期待できますので、「ダイエットに最適なプロテイン」「食べる補正下着」なんて言われることもあるんですよ。

また、ソイプロテインに含まれる「アルギニン」というアミノ酸は、成長ホルモンの分泌を助ける働きをすることが分かっています。

成長ホルモンの大きな役割は、骨や皮膚、筋肉を強くすることですが、「脂肪の燃焼を促す」というダイエット中に嬉しい効果も。

「ラクシブ」は引き締め成分を豊富に配合することで、ダイエットをしっかりサポートしてくれるというわけなんですね。

おすすめポイント②ダイエット中の女性に嬉しい栄養素や美容成分がたっぷり!

ダイエットにプロテインを利用する場合に重要になるのが、「栄養成分がバランス良く配合されているプロテインを選ぶ」という点。

さまざまな栄養成分が含まれるプロテインなら、ダイエット中、食事量を減らしたことで栄養分が足りなくなってしまうというデメリットを上手に解消してくれるからです。

ラクシブには、主成分である植物性タンパク質だけでなく、

  • ビタミン13種
  • ミネラル11種
  • アサイー、カカオ、チアシード、アセロラ、スピルリナといったスーパーフード
  • コエンザイムQ10
  • イソフラボン
  • 植物性乳酸菌
  • ポリフェノール

といった、体に必要な栄養成分や、美肌効果やエイジングケアなどが期待できる美容成分が、バランス良く配合されています。

ダイエット中でも健康や美容に気を使いたい女性には、嬉しい成分ばかりですよね。

ラクシブがあれば、普段の食事では摂取が難しい栄養素も、手軽に摂ることができるんです!

おすすめポイント③ダイエットにぴったりな筋トレメニュー

さらに「ラクシブプロテインビューティー」を購入すると、「ラクシブ美ボディ変身プログラム」というトレーニング動画を視聴することができます。

美ボディ変身プログラム

これは、モデルや女優さんにも大人気のジム「Personal Gym STOLZ」の代表である川井盛義さんが監修した、オリジナルのトレーニングメニュー。

女性のボディメイクに特化した、美しい体を作るためのダイエットプログラムになっています。

簡単なのに効果の出るメニューが厳選されていますので、1週間のうち2~3、空いた時間に自宅で動画を観ながらトレーニングをするだけで、しっかりダイエットに貢献してくれるのが大きな特徴。

内容は本格的でも、運動の習慣のない人や、久しぶりに体を動かす人に向けて作られていますので、「筋トレは初めて」という人でも安心して始めることができますね。

「しっかり体を引き締めたい!」
「スピーディにダイエットの結果を出したい!」

という女性は、プロテインとこのプログラムで、さらにダイエット効果を高めましょう!

ラクシブプロテインビューティー

ラクシブプロテインビューティーでダイエット
  • 内容量:180g(15回分)
  • 通常価格:6,000円(税抜)
  • 定期初回:2,980円(税込)→2回目以降は4980円(税込)
エネルギー 44.76㎉
タンパク質 5.77g
脂質 0.43g
炭水化物 4.45g
食塩含有量 0.26g

プロテインと食事を組み合わせて、理想のボディメイクに役立てよう!

プロテインと食事は、どちらも一長一短。

どちらかだけでは、栄養が偏ってしまうことがあり、ダイエット以前に、健康を損なう可能性もあります。

反対に、食事とプロテインを上手に組み合わせることで、足りない栄養素を補い、健康的にダイエットをすることができるんです!

ダイエットはまず始めることが肝心。

あなたの理想の体型を目指して、ぜひ今日から、チャレンジしてみてくださいね!